LOG IN

涙のラ・カンパネラ

by comari

10月のおわりのこと。

お仕事帰りに、
ピアノのクラシックコンサートへ
いきました。

ヨーロッパ室内管弦楽団と
ピアニスト辻井伸行さんとの饗宴。

その名も「極上のモーツァルト」

ずっと辻井さんの演奏を聴いてみたかったので、念願が叶いました♪


まず、このコンサートで驚いたのは
指揮者がいないということです。
第1ヴァイオリンのトップの方が
演奏だけでなく、
指揮も担当していたのです。

プロのオーケストラを聴いた中で、
初めての体験でした。
しかも、モーツァルトで。

しかし、女性指揮者兼演奏者のカラーもでつつ、息をのむような名演でした。

モーツァルトは、聴くのは本当に楽しいですね!


アンコールは辻井さんのピアノソロで
リストのラ・カンパネラを披露していただいたのですが、
音の粒、ひとつぶひとつぶが
繊細に丁寧に聴こえてきました。

すべての音をとても大事にしている
辻井さんの心意気が感じられ、
本当に感動しました(*^^*)

つぎは、辻井さんのソロリサイタルにもいってみたいと思います!

*comari*



comari
OTHER SNAPS